ツクシ、どうしたらいいの?

ご近所さんから貰ったつくし、どうしたらいいの〜っという方、いらっしゃいますか?
つくし料理って??

春に田舎の河原や畑の脇で良く見かけられるツクシ(土筆)はまず、薄茶色で毛のような、「鞘(はかま)」と呼ばれる部分を取り除かなくてはなりません。
はかまは硬いので、美味しくないので取って下さいネ。
これがとても面倒な作業なのですが、おいしい春の素材「つくしんぼ」を食べる為です、がまんがまん。

お子さんのいる家庭では、一緒にやると作業が楽で、楽しくなるかも知れません!
はかまを取り除く時は、アクで手が汚れるので、極薄のゴム手袋などを使用するのが良いでしょう。
はかまは、1本につき、何段かついていますが、茎が硬くなったところは節の途中でも切り落としてしまった方が美味しいと思います。

はかまを取り除き終わったツクシは、ボウルに入れて水洗いして土を落とす。
土が取れるまで何回か水洗いし、水を切っておいてください。

大きめの鍋に水を入れ、沸騰させ、そこにつくしを入れる。
まぜながら様子をみて4、5分経過したらザルで水を切ります。

これで、下準備が完了!
これからつくし料理作りのはじまりはじまりー!
様々なつくし料理を考えていきます!